横浜の戸建て住宅の大規模修繕のプランで快適性を得られました

分譲の一戸建て住宅の大規模修繕のプランを考える

横浜にある木造2階建ての一戸建て住宅ですが、この住宅は分譲住宅で購入をした物件です。
坪数は70坪の普通の一軒家で、間取りは4LDKのごく一般的な基準を満たしている住宅です。
新築で購入してから既に25年が経過していて、元々は親が購入した住宅ですが私が引き継いでいて、リフォーム等は必要に応じて何度も行ってきた背景があります。
分譲住宅なので誰しも住みやすい間取り設計になっていますが、家族が増えたことと自動車を駐車させるスペースの不足により、この度大規模修繕のプランを設計士と共に作り出した経験があります。
まず、住宅の基礎は元々のものをそのまま活用することになり、2階部分を総2階にするという方法で2階の居室の数を2部屋から4部屋に変更することが決まりました。
2階にトイレを設ける設計で階段の見直しもあり、階段は以前は日中でも暗かったのですが、太陽光が入るように一部分に窓を設けることも行っています。
駐車場に関しては、以前は道路から住宅を見た際には、右側に2台分のスペースがあり、縦列駐車という方法で駐車させてきました。
3台分をどうしても確保したかったので、住宅の中央部分のエクステリアの一部分を改変して3台分の確保に成功しています。
以前から使っていた2台分の駐車スペースは、金属製の屋根のカーポートを設置していて、横幅があまり無い環境だったので乗り降りする際に苦労してしまう一面がありました。

分譲の一戸建て住宅の大規模修繕のプランを考える間取りの変更や注射場の増設など工事を実施完成後は新築のおしゃれな注文住宅のように